読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NUMBERケイザイ新聞

気になるケーザイニュースや好きな音楽など

未来の物流倉庫ロボットシステム 米アマゾン式 VS 日本ニトリ式

気になる

f:id:juke2016:20161209093534j:plain

Meet Amazon's busiest employee -- the Kiva robot - CNET

 

昨日、公開されたAmazon式物流システム「Amazon Robotics」に正直驚いた。

 

www.itmedia.co.jp

 

商品を収納する棚が全て「可動式のロボット」として稼働し、「ドライブ」と呼ばれるオレンジ色のロボットが自走し作業員の前まで商品棚を持ってくる仕組みだ。

 

 あの企業の倉庫はすでに自動化が2016年3月から稼働されている?

 

しかし、これより先にいち早く日本式にあった物流システムを構築してるのがニトリだ。ニトリの通販センターに導入されているのがノルウェー製「AutoStore」だという。

 

news.mynavi.jp

 


広大な土地を持つ倉庫で発揮できるのは米アマゾン式のキバロボットに対して、日本ではなかなか広大な土地確保が地価との関係で難しく、ヨーロッパ式に似た「AutoStore」を採用した。

 

グリッド上のロボットが高密度に収納されたコンテナの入出庫を行う次世代ロボットストレージシステム。


コンテナを隙間なく積み上げて収納できるため、一般的なスタッカークレーン式自動倉庫の約2倍、平置き棚の約3倍の収納力があるという。

 

 

確かに、日本ではこちらの方が現実的かも知れない。

 

 

1個から段ボールを作る装置が既に稼働!!

 

 

出荷業務でもう一点、ロスが発生している事と言えば、商品に見合ったサイズのカートン(出荷箱)だと思う。

 

何と、それも商品サイズを入力すれば、1個から段ボールを作れる機械もこのニトリは導入しているらしい。

 

 

それが、ボックスオンデマンドシステム。夢のマシンだ。


株式会社タナックス Just fit BOX 物流ビジネスの未来が動き出す

 

 

prtimes.jp

 

特殊なサイズの商品を誰でも簡単に包装でき、大きすぎる段ボール箱に大量の緩衝材を詰めることもなくなります。作業時間の削減、積載や輸送の効率向上、資源削減....そりゃメリット高い。


個人宅配向けの商材は大きさも重量もバラバラで規格サイズの段ボールでは手に負えない。無駄スペースのオンパレードもこれで解消できる。

 

米アマゾン式、日本ニトリ式、さてどちらが未来の物流倉庫を担うのだろうか。

 

www.recruit-lifestyle.co.jp

今、一番気になるバンド「introducinglive」

音楽

f:id:juke2016:20161209093334j:plain

 

一番、影響を受けたアーティストにイギリスのブリストル出身のMASSIVE ATTACK続いて、日本の先駆者DJ KRUSHです。そして、DJをはじめて衝撃を受けたのがDJ SHADOWです。かれこれ20数年前の話ですが。

 

最近、Youtubeで検索して、あれ・・生バンド?ってな感じでDJ SHADOWの代表曲である「Organ Donor」を生演奏している動画を発見し、ちょっくら感動。

 


DJshadows 'Organ Donor' recreated by 'Introducinglive'

 

これ誰だ?てな具合にググっても詳細がわからない。daft pankやMr scruffsあたりをカバーしてる当たりがまたにくい。今後の動向が楽しみだ。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

エアコン以外の暖を探す。

気になる

しかし、急に寒くなった。去年までエアコン以外に、セラミックヒーターを使っていたのだが、案の定パワーがないし、接触不良が発生し、粗大ごみに旅立ってしまった。

 

家族みんな、エアコンの風が大っ嫌いなので電気代の事も考えて、コスパがいいと石油ストーブも考えたんだけど。

続きを読む

はてぶろはじめてみました。

雑談

 どうも、はじめまして2児の父親コナモンの街に住んでます。

 

最近、だんだんと父親離れが始まろうとしている娘と自分のDNAを完全に受け継いだ息子、そして自由奔放な妻と暮らしてます。

 

連日、報道されるTDW2016の事件から何だか気が晴れないのでまた後程。